うつ病は再発しやすい?

うつ病は再発しやすい病気なのですか?
 

 
A・いえ、決してそんな事はありません。きちんと治療を終了させれば、うつ病の再発・再燃のリスクは最小限に抑えることが出来ます。
 
しかし、うつ病などの心の病気は、軽度になると肉体的な苦痛を伴わない場合が多いので、完治する前に治療を放棄してしまう患者さんが多く、そのために再発するケースがあります。
 
また、うつ病が完治したといっても、病前性格が変化したわけではないので、うつ病にかかりやすい病前性格の方は、新たにうつ病にかかる事もあるでしょう。
 
したがって、うつ病の治療は、主治医の判断が出るまでは継続して行う事と、うつ病にかかりやすい性格の方は、日ごろからの心のケアを心がけるようにされると、再発・再燃は最小限に食い止められるでしょう。
タグ:うつ病 うつ

" " ”ジプレキサ”和解金最大5億ドル

製薬大手イーライ・リリー”ジプレキサ”和解金最大5億ドル
 
 

 
先日、米大手製薬会社イーライ・リリーが、統合失調症・うつ病等の治療薬”ジプレキサ”の副作用により、糖尿病等にかかったと訴えた原告と和解で合意したそうです。
 
なお、和解金額は、最大で5億ドルとなっているそうです。
 
さて、この統合失調症・うつ病治療薬”ジプレキサ”ですが、一体どんな薬なのでしょうか?
 

 
 
ジプレキサ(オランザピン)

はアメリカFDAで承認された2番目の非定型抗精神病薬で、アメリカ国内で最も多く使用されている非定型抗精神病薬のひとつです。

日本では統合失調症治療薬として承認を受けているが、様々な病状に対応できるため、躁うつ病の患者さんにも処方される事があるそうです。
 
副作用として、不眠、眠気、体重増加、焦燥、興奮等があげられますが、特に注意が必要なものとして、体重増加耐糖異常があげられます。つまり、肥満と糖尿病を引き起こします。
 
過去には副作用による死者も出しており、服用には細心の注意が必要となります。
 

 
 
しかし、悪評ばかり飛び交っているのが現状の”ジプレキサ”ですが、その薬効は確かなものがあり、また、旧来の同様の薬に比べ、劇的に副作用が減少しているのも事実なのです。
 
「悪事千里を走る」といいますので、いまや悪薬の代名詞のように言われてしまったジプレキサですが、そこまで悪い薬ではなさそうです。
 
ただし、糖尿病などの深刻な副作用もありますし、元来、日本では統合失調症の治療薬としてのものなので、もし処方された場合、「何故この薬を処方したのか? 」ということを主治医に尋ねてみたほうが良いかもしれません。そこで納得をした上で服用されればよいでしょう。
 
 
 
 
 

タグ:うつ うつ病

乗馬

乗馬を体験する。
 

 
うつ病を克服するためには、趣味を持つことが良いとされています。
 
基本的には、楽しめてストレスが解消されるものなら何でも良いのですが、あまり不健康なものはいただけません。
 
もし、あなたにこれといった趣味が無いのなら、うつ病の治療・予防の一環として、健康的な趣味を始めてみられてはいかがでしょうか?
 
と、言う訳で、今回はうつ病に良いと思われる趣味の中から一つ、”乗馬”をご紹介します。
 

 
 <うつ病治療の一環としての乗馬>
うつ病治療のための趣味としては、乗馬が最適です。なぜなら「楽しさ」、「ストレス解消」、「適度な運動」、そして「癒し」を兼ね備えた趣味だからです。
 
ところで、この「癒し」ですが、うつ病治療にはアニマルセラピーという考え方があります。これは、動物と触れ合う事によって、病気を治療していこうとするものですが、海外では多くの成功例が報告されており、今後日本でも多く取り上げられるであろう、治療法の一つです。乗馬では当たり前のように、馬と接するわけですから、その効果が期待できます。
 
ですが、「動物はどうも苦手」という方もおられるでしょう。しかし、犬・猫嫌いの方でも、乗馬が趣味という方は多くいらっしゃるのです。馬はとても大きい動物なので、始めはそれに圧倒されるでしょうが、彼等のつぶらな瞳は、我々に無条件で癒しを与えてくれます。あの瞳を前にして「私は動物が嫌いだ!」といえる方は、そう多くはいらっしゃらないでしょう。
 
とにかく、乗馬は、馬と触れ合う事での治療効果と、趣味としての治療効果を併せ持ったうつ病に適した趣味なのです。
 

 
 <乗馬は金持ちの道楽?>
乗馬がうつ病に良いという事は解りました。しかし、いざ始めるとなると、「なんとなく敷居が高い。」そんなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?
 
しかし、そんな事はありません。どうしても乗馬と聞くと、技術的・経済的に不安があるかもしれません。ですが、馬に乗る事は、自転車に乗るよりも技術的には、はるかに簡単な事です。また、経済的には、本腰を入れて乗馬を始めると言うのならば、乗馬クラブの会員費や、馬具の購入などで相当な出費となりますが、ちょっとした趣味の程度ならば、乗馬クラブ等の料金は、一式レンタル込みで、5000〜6000円が相場です。
 
また、各乗馬クラブでは、ビジターコースなどの体験乗馬を行なっている所が多いので、そのようなサービスを利用されれば、初心者の方も安心して乗馬を楽しむ事が出来ます。
 

 
<乗馬クラブを探すには>
「それならば」と、乗馬を始めようと思っても、どうして良いかもわからないでしょう。乗馬クラブなどは、あまり一般広告を打たないので、どこに問い合わせればよいのか良く解らないでしょう。
 
それで、この間ネットサーフィンをしていて見つけたサイトを紹介します。
 
”【検索】乗馬クラブ”というサイトなのですが、ここは、乗馬クラブのホームページ検索に特化したサイトで、地域別で乗馬クラブのホームページを簡単に検索できる便利なサイトです。
 
ここで、お近くの乗馬クラブを検索し、そのホームページから問合せ先などを確認されると簡単ですので、下に、リンクを置いておきます。
 
【検索】乗馬クラブ
 

 
 この記事をきっかけに趣味を始めていただければ、幸いに思います。
 
それでは、失礼いたします。
 
 
 
 
医療情報に関する注意:ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。